[Message Prev][Message Next][Thread Prev][Thread Next][Message Index][Thread Index]

[vsolj-alert 977] vsolj-news 081: SN 2002ao in UGC 9299



vsolj-news 081: SN 2002ao in UGC 9299

                        VSOLJ ニュース (081)

         明るい超新星2022aoが発見される

                                         著者  :山岡均(九大理)
                                         連絡先:yamaoka@rc.kyushu-u.ac.jp

  IAUC 7809に報じられたところによると、Lick天文台の自動撮像望遠鏡
(KAIT)が明るい超新星を発見しました。先日VSOLJニュース79でお知らせした
超新星2002anをしのいで、今年これまでで最も明るいものです。もしこれがIa
型超新星であれば、極大で13.4等程度となることが期待されます。

  超新星が出現した銀河は、おとめ座の東部にあるUGC 9299という渦巻銀河で
す。超新星の位置は、赤経14時29分35.74秒、赤緯-0度00分55.8秒(2000年分点)
で、銀河の中心核から東に16秒角、北に10秒角にあたります。銀河円盤の外縁
部に重なって見えます。周囲に超新星と見紛う星は特にありません。この銀河
の東南東1分角、南1.5分角のところに小さい銀河がありますが、ずっと遠方の
ものです。

  この銀河は、後退速度が1500km/sほどで、かなり近傍の銀河です。おとめ座
の西部にある有名なおとめ座銀河団よりはやや遠いですが、倍までは行きませ
ん。UGC 9299の周囲5度以内には、似たような後退速度の銀河がたくさんあり、
緩い銀河集団を形成していることが見込まれます。この速度がハッブルの法則
を反映したものとすれば、この銀河でのIa型超新星の極大等級は13.4等ほどと
予想されます。今後の光度測定と型判別が切望されます。


							2002年 1月28日

※ この「VSOLJニュース」の再転載は自由です。一般掲示、WWWでの公開
  等にも自由にお使いください。資料として出版物等に引用される場合には出典
  を明示していただけますと幸いです。継続的・迅速な購読をご希望の方は、
  VSOLJの速報メーリングリスト vsolj-alert にご加入いただくと便利で
  す。また、これらの天体についての科学的議論のためのメーリングリスト
  vsolj-sci もご利用いただけます。購読・参加お申し込みは
  vsolj-adm@ooruri.kusastro.kyoto-u.ac.jp まで。
  なお、本文内容に対するお問い合わせは、著者の連絡先までお願い致します。

VSNET Home Page

Return to Daisaku Nogami


vsnet-adm@kusastro.kyoto-u.ac.jp