[Message Prev][Message Next][Thread Prev][Thread Next][Message Index][Thread Index]

[vsolj-alert 459] vsolj-news 023: SN 1999el in NGC 6951



                        VSOLJニュース  (023)

          NGC6951に出現した超新星1999el

                                         著者  :山岡均(九大理)
                                         連絡先:yamaoka@rc.kyushu-u.ac.jp

  おとめ座銀河団の距離以内に超新星が出現するのは、年に1、2回くらいなも
のです。Ia型超新星なら12等級台もしくはそれより明るくなり、20cmクラスの
望遠鏡で楽に見えるものになります。そのような銀河のひとつ、NGC 6951に、
超新星が発見され、超新星1999elと名付けられました。

  IAUC 7288によると、10月20.45日(世界時)に、北京天文台の超新星捜索チー
ムが、NGC 6951という、りゅう座とはくちょう座の境目あたりにある銀河に、
超新星を発見しました。発見時には15.4等だったものが1日後には15.0等と明
るくなっており、増光中と思われます。発見の前日には18等以下で、爆発後そ
れほど経っていないもののようです。

  超新星の位置は赤経20時37分17.83秒、赤緯+66度06分11.5秒(2000年分点)で、
銀河の中心核から東に21.8秒、南に8.4秒ほどのところにあたります。発見前
の画像を見ると、この位置のごく近くに手前の星が2つあります。それぞれ、
銀河の中心核から東23.9秒南8.4秒(明るいほう)と東19.4秒南8.8秒(暗いほう)
のところにあり、超新星はこの2つの星のちょうど中間あたりにあることにな
ります。これ以外にも、母銀河の周りには、手前の星がたくさん見られます。
天の川に近いためですが、見誤らないように気をつける必要があります。

  母銀河は、中央部の棒構造があるかないかはっきりしない渦巻型(SABbc)で、
超新星の出現位置は、円盤部の一番内側に重なっています。銀河の中央部は東
西にやや伸びており、そのちょっと南側にあたります。

  超新星のスペクトルから、この超新星はごく初期のIIn型と報告されていま
す。IInとは、水素の線が含まれているが、典型的なものに比べて線の幅が狭
い、つまり膨張速度が小さいものを指します。IIn型の超新星は、vsolj-news
015でご紹介したように、Ia型と同じ程明るいものから、その200倍以上暗いも
のまで、非常に幅があります。今回の超新星1999elがどのようなものか、今後
の測光・分光観測が非常に重要です。

							1999年10月24日

※ この「VSOLJニュース」の再転載は自由です。一般掲示、WWWでの公開
  等にも自由にお使いください。資料として出版物等に引用される場合には出典
  を明示していただけますと幸いです。継続的・迅速な購読をご希望の方は、
  VSOLJの速報メーリングリスト vsolj-alert にご加入いただくと便利で
  す。また、これらの天体についての科学的議論のためのメーリングリスト
  vsolj-sci もご利用いただけます。購読・参加お申し込みは
  vsolj-adm@ooruri.kusastro.kyoto-u.ac.jp まで。
  なお、本文内容に対するお問い合わせは、著者の連絡先までお願い致します。

VSNET Home Page

Return to Daisaku Nogami


vsnet-adm@kusastro.kyoto-u.ac.jp