[Message Prev][Message Next][Thread Prev][Thread Next][Message Index][Thread Index]

[vsolj-alert 134] XTE J2012+381




  RXTEの全天モニターにより、新しいX線新星が発見されました。対応天体の可能
 性のある変光天体が指摘されており、追跡観測が望まれます。光度はあまり明記
 されていないのですが、IAUCの記述とUSNO等級を参考にすると15等ぐらいでは
 ないかと思います。X線はまだ増光中で、光の観測(特にCCD測光)が可能な
 方はぜひ試みてみてください。(もちろん分光ができればベストです。X線新星
 の光学対応天体であれば、多くの場合He II輝線の存在で確認できます。大口径+
 分光器の使える施設の活躍を期待したいところです)。

 なおチャートは別記vsnet-chert 42にあります。

XTE J2012+381

  IAUC 6920 reports the discovery of a new X-ray transient discovered by
the RXTE ASM (Remillard et al.).

  RXTE position:

  20h 12m.6 +/- 10' (J2000.0)
  +38o 11'  +/- 4'

  Source flux:

  May 24.6  23 mCrab
      25.4  28
      26.5  55
      27.3  88

  Variable object (possible optical counterpart?) by Wagner et al.

  20h 12m 30s.3  (J2000.0)
  +38o 08' 59'

  Presently at mag 15?  Follow-up observations are strongly encouraged.

Regards,
Taichi Kato

VSNET Home Page

Return to Daisaku Nogami


vsnet-adm@kusastro.kyoto-u.ac.jp