[Message Prev][Message Next][Thread Prev][Thread Next][Message Index][Thread Index]

[vsolj-alert 98] SN 1998bn



山岡@九大理 です。

リック天文台グループがもうひとつ超新星を発見しました。IAUC 6886による
と、位置は赤緯12h29m18s.88、赤経 -23o09'49".2 (2000.0)で、母銀河である
NGC4462の中心から北へ10"、西へ32"にあたります。NGC4462はSBab型の棒渦巻
銀河で、この位置は西側の腕の内側くらいのところです。

超新星は、4月17.3日の画像で17.4等くらいに見えていたのですが、27.3日に
新たな画像が撮られ、13.7等に増光するまで報告されませんでした。多分気付
かれてなかったのだと思われますが。非常に残念なことです。

母銀河はかなり近傍のもので、先日のIC 2458(SN 1998bmの母銀河、24.7Mpc)
よりはすこし遠いようですが、27.7Mpcほどです(距離はTurryのカタログの値)。
典型的なIa型超新星だと極大で13.4等が期待されます。スペクトルの報告はあ
りませんが、明るさから見て典型的なII型やIb/c型ではないようです。

ごく初期の観測が行なわれなかったのは残念ですが、今後の測光観測は重要で
す。SN 1998aqとの比較も面白く、注目に値します。

			九州大学(六本松地区)理学部物理学教室  山岡  均
			〒810-8560 福岡市中央区六本松4-2-1
			yamaoka@rc.kyushu-u.ac.jp

VSNET Home Page

Return to Daisaku Nogami


vsnet-adm@kusastro.kyoto-u.ac.jp