[Message Prev][Message Next][Thread Prev][Thread Next][Message Index][Thread Index]

[vsolj-alert 964] vsolj-news 076: SN 2001gd in NGC 5033



Subject: vsolj-news 076: SN 2001gd in NGC 5033

                        VSOLJ ニュース (075)

     近傍銀河NGC 5033に出現した超新星2001gdを板垣さんが発見

                                         著者  :山岡 均(九大理)
                                         連絡先:yamaoka@rc.kyushu-u.ac.jp

  りょうけん座にある銀河NGC 5033は、私たちから20Mpc程度とごく近くにあ
るもので、美しい渦巻形に見えるものです。この銀河に、山形市の板垣公一さ
んとイタリアのA. Dimaiさんがそれぞれ独立に超新星らしき天体を発見しまし
た。板垣さんは今年5月に超新星2001bqを発見されています。

  新しい天体は明け方の空にあり、板垣さんは11月24.820日(世界時、以下同)
に天体を発見されました。その日のうちに山梨県の串田夫妻によって存在が確
認され、翌日にも撮影されました。これから、新天体の位置は赤経13時13分
23.89秒、赤緯+36度38分17.7秒(2000年分点)と求められています。これとは独
立に、25.21日にはDimaiさんがこの天体を発見しました。新天体は、銀河の中
心から北北西に3分弱、渦状腕に重なったところにあります。銀河に重なって
明るい前景の星があるので、どれが新天体かを見つけるには注意が必要です。
http://vsnet.RochesterAstronomy.org/sn2001/n5033s1.jpg でDimaiさんの発見
画像が見られますので、参照にできるでしょう。

この銀河は以前、13等まで明るくなった超新星1985Lを生み出しています。超
新星のなかでもっとも明るいIa型超新星がこの銀河で出現すると、極大で12等
級程度になると期待されます。一方、これまでの報告から明るさの変化を見て
みると、

  20011124.819  165C  (K. Itagaki)
  20011124.851  175C  (R. Kushida (from IAUC))
  20011125.210  164:C (A. Dimai (from IAUC))
  20011125.801  162C  (R. Kushida (from IAUC))
  20011126.210  164:C (A. Dimai (from IAUC))
  20011128.212  162CR (J. M. Llapasset)

となっており、この3日ほどでそれほどは明るくなっていないところから見る
と、超新星爆発後ごく初期の急増光期ではないと思われます。最近まで太陽に
近く観測されていないことも考え合わせると、爆発後やや時間が経過して暗く
なりつつある超新星という可能性もあります。また、新天体の位置のごく近く
には、以前から前景の星もしくは母銀河の星団らしき天体があったことがわかっ
ており、今回の天体が真に超新星かどうかも今後確かめる必要があります。い
ずれにしても、この天体については今後迅速な調査が必要といえます。

							2001年11月29日

※ この「VSOLJニュース」の再転載は自由です。一般掲示、WWWでの公開
  等にも自由にお使いください。資料として出版物等に引用される場合には出典
  を明示していただけますと幸いです。継続的・迅速な購読をご希望の方は、
  VSOLJの速報メーリングリスト vsolj-alert にご加入いただくと便利で
  す。また、これらの天体についての科学的議論のためのメーリングリスト
  vsolj-sci もご利用いただけます。購読・参加お申し込みは
  vsolj-adm@ooruri.kusastro.kyoto-u.ac.jp まで。
  なお、本文内容に対するお問い合わせは、著者の連絡先までお願い致します。

VSNET Home Page

Return to Daisaku Nogami


vsnet-adm@kusastro.kyoto-u.ac.jp